2017年02月03日

福島第1原発2号機、「廃炉」困難か?



東京電力 は、炉心溶融事故を起こした 福島第1原発2号機 の内部調査で、

推定で最大毎時530シーベルトという 放射線量 だったことを明らかにした。



想像を超える高い放射線量で、廃炉作業の困難さが改めて浮かび上がった。




posted by ニュース太郎 at 10:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 東電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
ブログ広告ならブログ広告.com